みずほ銀行カードローンの審査<口座を持っていれば即日融資可能>

みずほ銀行カードローンの審査<口座を持っていれば即日融資可能>

みずほ銀行で借り入れしよう

みずほ銀行、イメージとしてメガバンクで宝くじやロトのイメージもありますが、長年多くの支持されている銀行のひとつでしょう。

みずほ銀行の個人預金口座数は2,600万口座あり、オンラインバンキング利用者数も1,000万近くあります。
住宅ローンで利用している人も多いでしょうし、資産運用をここで行っている人も多いでしょう。
富裕層向けのサービスも充実していることから、多くの資産家にも支持されています。

 

そんなみずほ銀行ですが、もちろんカードローンも行っています。
特に、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人にはお勧めです。
カードローンの借入金利を年0.5%引き下げた金利で利用できるというメリットがあります。
年0.5%というと、そこまで無い?と思われる人もいるかもしれませんが、実際は大きいです。
例えば、100万円の借り入れですと5,000円ですから!
住宅ローンと、カードローンのどちらもみずほで行う場合のみにこのような特典があります。
これを知らない人も結構多いようですよ。
また、カードローンの申し込み代金、年会費は必要ありません。
カードを無くしたりした場合の再発行代金も無料となっています。
しかし、これはローンカードのみ無料となっているだけであり、一般の通帳口座用のカードに関しては1,080円の手数料が掛かります。

みずほ銀行の口座を開く方法

みずほ銀行の借り入れは、メガバンクということもあり安心感が違います。
そのみずほ銀行の借り入れには、まずみずほ銀行の口座を持っていることが条件となります。
持っていない場合は、口座を作ればいいということになります。

口座を作る方法 その@

最寄りのみずほ銀行に出向いて、口座を作る方法が一番手っ取り早い方法です。
しかし、みずほ銀行は都心部には多くの支店がありますが、地方に行くとそこまで支店が多くないのです。
地方の県庁所在地であれば、支店はあるでしょう。しかし、それ以外の地域には支店そのものが無いということも多々あります。
同じ県内の支店に出かけるのに1時間くらい掛かることも珍しくありません。
急ぎの場合は出向くこともあるでしょう、しかし銀行が開いている時間帯に行けないという人もいます。

口座を作る方法 そのA

近くに支店が無いという場合、インターネットを利用して口座を作る方法もあります。
これは、公式ホームページから申請可能となっています。
この方法は近くに支店が無いという人や、支店に出向く時間の無い人にはいつでも申請できるメリットはありますが、
やはり時間が掛かるというデメリットは存在します。
急ぎでない場合にはお勧めしたい方法です。

みずほ銀行のカードローン審査は厳しい?

銀行系カードローン、金利の低さや総量規制対象外ということでとても人気がありますが、審査については消費者金融と比べると厳しいという声があります。
それは噂でなく、本当のことと言えます。
審査に関しても、日数が掛かる場合も多いです。これは、審査が厳密に行われているためでもあります。
これに対して、消費者金融は即日融資が可能という場合も多いので、審査は銀行に比べると、やや簡素化されているとは言えるでしょう。
また、銀行全体に言えるのですが、審査については細かい規定を公表してはいません。
しかし、年齢などの制限は公表してはいます。

 

みずほ銀行の審査は厳しいかどうか?ということに関して言えば、銀行系カードローンですから、消費者金融と比べると厳しいことは言えますが、
年齢も満20歳〜66歳までとなっていますし、その他の銀行と比べると年齢の面では年配者にも優しい銀行と言えます。
銀行系カードローンの中には、年齢制限が62歳や65歳までという場合も多いのでやや緩やかな印象です。
満20歳以上というのは、どこでも同じなので18歳、19歳でもしっかりと収入がある人もいますが、残念ながら借り入れはできません。
これは、収入の問題ではなく、未成年であるということで仕方ないと言えます。

みずほ銀行の審査に通るコツ その@

みずほ銀行のカードローンの審査に通るコツ、いくつかあるとは思いますが一番重要なのはやはり信用を得るということでしょう。
お金の貸し借りは、信用が無いと行えません。
審査に落ちる理由のすべてが、信用が無いからということはありませんが(その他の理由もあるでしょう)、やはり信用は一番大切と言えます。
それには、みずほ銀行の口座を持っていることが大切です。
普段から、みずほ銀行の口座を持っており、それを利用しているとなれば信用も得られます。
全く、みずほ銀行の口座を持っていないという人より持っている人の方が確実に信用があると言えるのです。

 

そして、みずほ銀行にはネットバンキングがありますが、これも利用しているとなれば更に信用があると言っても大げさではないでしょう。
ネットバンキングに関しては、みずほダイレクトと言い、インターネットから利用申し込みができるサービスです。
口座を持っていて、ネット環境がある人は利用しない手はないサービスであると言えます。
申込から約2週間後に簡易書留にて、利用のお知らせとカードが届いてからの利用開始となります。
初回登録をすることで利用できますよ。
もし、直接窓口で利用申し込みをしたという場合は、遅くとも3日以内には利用ができるようになっています。

みずほ銀行の審査に通るコツ そのA

みずほ銀行の審査に通るコツ、口座を作って利用することで信用を得るということを先ほど述べましたが、他にもあるのでしょうか。

もし、これまでみずほ銀行を全く利用したことが無い(口座を持っていない)場合でも、みずほ銀行から借り入れをしたいという人もいるかと思います。
もちろん、口座を既に持っていて利用していればかなり条件的には良いと言えますが、審査に関してはその他の事項も大切となります。
いくら口座を所有していて、利用も頻繁に行っていたとしても、その他の条件が思わしくなければ審査に通らないこともあります。

 

それでは、その他の条件とはどのような条件でしょうか。
一番大切なのは、安定した収入があることとなります。これは、どの金融機関でも重要視されることですが、収入が無ければ返済はできませんよね。
何も高収入でなくてもいいのです。毎月収入があること、これは大切ですね。
ですから、パートやアルバイト、契約社員でもいいですし、専業主婦でもご主人が安定した収入を得ていることが大切なのです。
私たちももし、誰かにお金を貸すということになれば、その人が収入が無い状態ですと貸すことはできません。
それと同じことで、銀行側も収入が無いという人になかなかお金を貸すことはできません。

みずほ銀行の審査に通るコツ そのB

これまで、みずほ銀行の利用の有無、安定した収入があるかどうかが審査に通るには大切であると説明して来ました。
銀行の借り入れの審査というものは、はっきりとした規定というものは年齢以外に記載がないので、定義が難しいですよね。
例えば、安定した収入がある人ーというようなことが掲げていることもありますが、果たして安定した収入というのがいくらを指すのか?難しくなります。
もしかすると、安定した収入というのも私たちが考えるものと銀行が考えるものが違うかもしれませんしね。

 

となれば、何だか審査も厳しそうな気もしてくるのですが、そんなことはありませんよ。
その他に重要視されるのが、これまでの金融機関の利用についてでしょう。
クレジットカードで買い物をして支払いに遅れてしまったり、最悪延滞というようなことになれば審査を通らない可能性は出て来ます。
引き落とし日に間に合わないことは遅れたと言えますが、これも頻繁ですとあまりよくありませんよね。
延滞と言うと、3か月くらいを指すのですが、延滞があると審査に通るのは厳しいと言えます。
延滞についても、一度してしまうと5年間信用情報に記載されてしまい、各金融機関に情報として共有されてしまうので、注意が必要です。

他にも信頼できるカードローン会社がある

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ